2017年8月28日月曜日

トラヴェルソ・ワークショップ 2017後半期

今年の後半からのワークショップの予定が決まりましたので、お知らせいたします!
今回は、会場のアトリエ・ソノーロの常設してあるチェンバロを使い、チェンバロと合わせてみることを目標に、一つの曲に取り組みます。

これまでのワークショップの様子は、右の”ラベル”欄の”ワークショップ”をクリックするとご覧になれます。

皆様のご参加をお待ちしております!


***

フルート奏者のための 
トラヴェルソ・ワークショップ 
2017後半期
~チェンバロと合わせてみよう~
トラヴェルソは未経験、またはほとんど吹いたことがないフルート奏者の方に
トラヴェルソを実際に経験していただくワークショップです。
今回は最終的にチェンバロと合わせてみることを目標に、一つの曲に取り組みます。


【日程】  
第1回  9月30日(土)   会場:ダ・カーポ レンタルスタジオ(新大久保)

第2回 11月18日(土) 会場:アトリエ・ソノーロ(新宿御苑前)

第3回 12月16日(土) 会場:アトリエ・ソノーロ

4≪チェンバロ合わせの会≫ 2018113日(土)会場:アトリエ・ソノーロ

いずれも一般クラス130015:00、専門家クラス150017:00


一般クラス:趣味としてフルートを演奏される方のためのクラス
専門家クラス:音大等でフルートを専門的に勉強している方、勉強した方のためのクラス


*各回定員4名。楽器をお持ちでない方にはその場でお貸しします。1回のみの受講も、複数回の受講も可能です。ただし第4回にご参加できるのは、第13回の内、最低1回ご参加頂いた方のみとさせて頂きます。

【内容】 J.-M.オトテールの「フルートと通奏低音のための組曲 ト長調 作品2-2」の中から数楽章を、チェンバロと合わせることを目標に取り組みます。運指や装飾など、初歩から教えますのでどうぞお気軽にご参加下さい。

楽譜はこちらからご覧になれます。(13ページからが第2番ト長調です)



【受講料】 1回~第3回 4000円、第4回のみ5000円 (楽器レンタル代、資料代込)

【会場】 
第1回  ミュージックスクール ダ・カーポ レンタルスタジオ (JR新大久保駅徒歩3分)
第2~4回 アトリエ・ソノーロ (地下鉄丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩3分)

【講師】 新井道代
東京音楽大学を経て同大学院フルート専攻修了。同大学で1年間助手を務めた後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学。2009年に同音楽院修士課程を修了し、帰国後はトラヴェルソを中心に様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。2012年東京音楽大学公開講座「音楽のことば」フルートクラス講師。2016年よりトラヴェルソ・ワークショップを主催。また、バッハ・コレギウム・ジャパンのマタイ受難曲公演にも度々参加している。これまでにモダン・フルートを、相澤政宏、梅津正好、植村泰一の各氏に、トラヴェルソを前田りり子、バルトルド・クイケン、ウィルバート・ハーツェルツェットの各氏に師事。アイゼナハ音楽院トラヴェルソクラス講師。 ホームページ http://www.michiyoarai.net/

【チェンバロ奏者】 山縣万里
東京藝術大学音楽学部楽理科および同器楽科チェンバロ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程チェンバロ専攻を修了。ソロシリーズ《ひとり琴》や、主宰するアンサンブル《Duo Maris》《コンティヌオ・ギルド》等を中心にソリスト、通奏低音奏者として広く活動している

【お申し込み】 各開催日の1週間前までに、お名前、希望クラス、簡単な音楽歴をお書きの上、michiyo0104@gmail.com までメールでお申し込み下さい。
 *定員になり次第締め切ります。
 *1週間前を切ってもお申し込み頂ける場合がありますので、ご遠慮なくお問合せ下さい。
 *内容についてのご質問など、お問い合わせも上記メールにお気軽にお寄せ下さい。

2017年8月17日木曜日

「哀しきよろこび」終了しました

8月10日に、近江楽堂にて「Triste Plaisir 哀しきよろこび ~フランスの古歌を旅する」と題したコンサートが終了いたしました。

今回は、私の中では最も古い音楽を演奏した本番でした。
楽器も、ルネサンス・フルートだけではなく、”中世フルート”まで使いました。

中世フルートで演奏したのは、ギョーム・ド・マショーの2曲だけでしたが、まさか自分がマショーを演奏する日が来ようとは!! という感じでした。
(音楽史上ではとても重要な中世の作曲家ですが、フルート奏者としては今までほとんど取り組む機会がありませんでしたので・・・)

初めての体験ではありましたが、歌の夏山美加恵さん、リュートのルネ・ジェニスさんは中世音楽に造詣が深く、リハーサル中に沢山の事を教えていただいたので、短期間ながら自分なりに形になったかなと思います。

今回は、歌が中心の演奏会で、フルートも歌のパートを歌手の方達と重なって演奏する事が多く、改めて、”ことば”の重要さを感じました。
言葉を発音する、その代わりにフルートを吹く。そしたらその旋律になった。という具合にしたいと思いましたが、なかなか難しいものです。

会場では、近江楽堂の真ん中に演奏者が円形になって立ち、その周りを客席が囲むという、円形劇場方式(?)で、見た目もなかなか珍しかったと思います。

本当に得難い経験をさせていただいた演奏会でした。






2017年7月22日土曜日

今年3回目のワークショップを行いました

今日は今年第3回のトラヴェルソ・ワークショップでした。
早いものでワークショップも1年半続きました!

今回は、まずロングトーン的なもので運指の確認などをしてウォーミングアップをした後、モイーズの「24の旋律的小練習曲」を使い、アンブシュアや音程の取り方、音の発展のさせ方などを考えました。
その後、ボワモルティエの「組曲集op.22」からト長調の組曲の初めの方に取り組みました。

今年後半期の予定はこれから決めますが、決まり次第こちらでもお知らせいたします。
さらに楽しい企画になるように、アイデアを練っているところです!

またたくさんの方にいらして頂ければ嬉しいです。



2017年7月20日木曜日

デュオ・コンサート J.S.バッハとC.P.E.バッハ

秋はいくつかコンサートが重なっていますが、自主企画では、チェンバロの寺村朋子さんとデュオ・コンサートを行います。

J.S.バッハとC.P.E.バッハの曲を取り上げ、密なアンサンブルをお楽しみいただければと思っております。

平和な雰囲気の中にもC.P.E.バッハ独特の意表を突くような表現や移ろう表情が散りばめられた、フルートとチェンバロのためのソナタ ト長調 Wq85、J.S.バッハによって6曲書かれたオルガントリオソナタの中の1曲、ニ短調 BWV527C.P.E.バッハの数あるフルートと通奏低音のためのソナタからは、私が最もC.P.E.バッハらしい表現が凝縮されていると思っているホ短調 Wq124、そしてJ.S.バッハの名作、フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030 他を演奏いたします。

会場は茗荷谷のラ・リールです。
丸の内線茗荷谷駅からホールに向かう道も森になっていてとても感じがよく、ホールも親密な雰囲気のとても素敵なところです。

秋の一日、ぜひバッハ親子の音楽を聴きにお出かけください!

****

新井道代(フラウト・トラヴェルソ) & 寺村朋子(チェンバロ)
デュオ・コンサート
J.S.バッハとC.P.E.バッハ

2017年10月28日(土)14時開演(13時半開場)
ラ・リール
(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅下車徒歩約6分)
地図などはこちらをご覧ください→ http://www.lalyre.jp/page2.html

全席自由3000円

【プログラム】
C.P.E.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ト長調 Wq85
J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ (原曲:オルガントリオソナタ) ニ短調 BWV527
C.P.E.バッハ:フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 Wq124
J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030   他

【チケットご予約・お問い合わせ】
コンサート事務局
mail: baroque.office*gmail.com (*を@に変換して下さい)
tel: 080-7951-9378


今回も、いつもチラシのデザインをしてもらっている友人、温子さんに素敵なチラシを作って頂きました!





2017年7月18日火曜日

トラヴェルソ・ワークショップ

今度の土曜日、7月22日にトラヴェルソ・ワークショップ 今年の第3回目を行います!

今回はフレンチに挑戦します。

一般クラス、専門家クラスともにまだ若干空きがございます。
ご興味ありましたら、是非ご参加ください。

***
フルート奏者のための 
トラヴェルソ・ワークショップ 
2017前半期

普段はモダン・フルートを吹いている方のためのトラヴェルソ体験講座です。

トラヴェルソは未経験、またはほとんど吹いたことがないフルート奏者の方に
トラヴェルソを実際に経験していただくワークショップです。



【日程】 
第3回  7月22日(土)一般クラス13:00~14:45  専門家クラス 15:00~16:45

  一般クラス:趣味としてフルートを演奏される方のためのクラス
  専門家クラス:音大等でフルートを専門的に勉強している方、勉強した方のためのクラス

   *各回定員4名。楽器は一人一本をお貸しします。1回のみの受講も、複数回の受講も可能です。

【内容】 
楽器の説明や音階を吹いてみることから始め、バロック時代のやさしい曲を演奏してトラヴェルソを体験します。取り組む曲は、その都度変わります。

【受講料】 
3500(楽器レンタル代、資料代込み)

【会場】 
アトリエ・ソノーロ 1600022 新宿区新宿281新宿セブンピル 603
地下鉄丸の内線「新宿御苑前」駅より、徒歩3。 お申込み頂いた方には地図のリンクをお送りします。)

【講師】 
新井道代
東京音楽大学を経て同大学院フルート専攻修了。大学院修士論文「モダン・フルートによるバロック音楽演奏について」は高く評価され、日本フルート協会会報に掲載された。同大学で1年間助手を務めた後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学。2009年に同音楽院修士課程を修了し、帰国後はトラヴェルソを中心に様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。2010年より出身地である入間市で毎年古楽器による演奏会を開催。2012年東京音楽大学公開講座「音楽のことば」フルートクラス講師。2016年よりトラヴェルソ・ワークショップを企画、開催。また、バッハ・コレギウム・ジャパンのマタイ受難曲公演にも度々参加している。これまでにモダン・フルートを、相澤政宏、梅津正好、植村泰一の各氏に、トラヴェルソを前田りり子、バルトルド・クイケン、ウィルバート・ハーツェルツェットの各氏に師事。アイゼナハ音楽院トラヴェルソクラス講師。
ホームページ http://www.michiyoarai.net/

【お申し込み】 各開催日の1週間前までに、お名前、希望クラス、簡単な音楽歴をお書きの上、michiyo0104@gmail.com までメールでお申し込み下さい。
*定員になり次第締め切ります。
*1週間前を切ってもお申し込み頂ける場合がありますので、ご遠慮なくお問合せ下さい。


* * *
上記の日程でご都合がつかない場合、3名以上のグループでお申込みいただければ、
他の日時で開催することも可能です。お問合せ下さい。 



2017年6月26日月曜日

哀しきよろこび

コンサートのお知らせです!

8月10日(木)、東京オペラシティ3階 近江楽堂にて、
「Triste Plaisir 哀しきよろこび ~フランスの古歌を旅する~」と題したコンサートに出演します。

オランダ留学中にお世話になっていた歌手の夏山美加恵さんと、そのご主人であるリュート奏者のルネ=ジェニス:フォルジャさんと中心としたアンサンブルです。

中世からルネサンスにかけてのフランスの世俗曲、シャンソンをお届けいたします。

夏の暑い頃ですが、ぜひフランスのいにしえの音楽を聴きにいらしてください。

***


Triste Plaisir 
哀しきよろこび ~フランスの古歌を旅する~

【出演】
歌:夏山美加恵、及川豊、根岸一郎、小酒井貴朗(賛助出演)
ルネサンス・フルート:新井道代 フィーデル:坪田一子
リュート:ルネ・ジェニス=フォルジャ

【プログラム】
ギョーム・ド・マショー:すべての花
ジル・バンショワ:哀しきよろこび
ピエール・セルトン:こんなに楽しかったことはなかった
トマス・クレキヨン:私の哀しい定めを思い出す時  ほか

8月10日(木)昼の部13時半開演(13時開場)、夜の部19時開演(18時半開場)
東京オペラシティ3F 近江楽堂
入場料 3500円

【チケットご予約、お問合せ】 
tel: 080-7951-9378  e-mail: baroque.office@gmail.comコンサート事務局)
【チケットお取り扱い】
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
東京古典楽器センター 03-3952-5515


出演者プロフィール
夏山美加恵(歌)
名古屋市出身。菊里高校音楽課程(大野静龍氏に声楽を師事)を卒業後、エリザベト音楽大学宗教音楽学科宗教声楽コースで学ぶ。同大学にて故鈴木仁氏に師事。1992年第6回山梨古楽コンクール第3位入賞。同年オランダに渡り、ブラバント音楽院で古楽声楽アンサンブルの訓練を受ける。その後デン・ハーグ王立音楽院古楽科声楽コースに入学。同校修士課程を修了後も著名音楽家による中世・ルネサンス音楽のマスタークラスや講習会を受講し、さらに研鑚を積む。中世からバロック時代の音楽の演奏で多くの演奏会や国際音楽祭に出演。

及川 豊(歌)
盛岡市出身。岩手大学教育学部及び東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業。バロック初期から古典派までの宗教曲を得意とするテノール歌手であり、ルネサンス音楽も含めた少人数でのアンサンブル歌手としても活躍している。声楽を佐々木正利、鈴木寛一の各氏に師事。また,古楽アンサンブルについて花井哲郎、R.スチュアートの各氏に影響を受けるとともに、グレゴリオ聖歌の演奏法を両氏に加え橋本周子女史とG.ヨッピヒ氏に薫陶を受ける。ヴォーカルアンサンブル・カペラ、聖グレゴリオの家聖歌隊「ファヴォリート」、Beata Musica Tokiensis各メンバー。他多くのアンサンブルの演奏会、録音に参加。聖グレゴリオの家宗教音楽研究所合唱講師。


根岸一郎(歌)
武蔵野音楽大学声楽科、早稲田大学文学部フランス文学専修卒業。パリ第IV大学修士(比較文学)修了。フランス音楽コンクール、日仏声楽コンクール、アンリ・ソーゲ国際コンクールに入賞。演奏活動の幅は広く、特にフランス近代歌曲での評価が高く日仏声楽コンクール審査員を務める。ヴォーカル・アンサンブル・カペラなど古楽アンサンブルのメンバーとして多数の演奏会、録音に参加。オペラへの出演は、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖像」、プッチーニ「トゥーランドット」など。CD「伊福部昭の団体歌」(音楽現代推薦盤)をリリース。日本フォーレ協会、コンセール・C、東京室内歌劇場会員。

小酒井貴朗(歌) 
武蔵野音楽大学声楽科卒業。米国インディアナ大学ブルーミントン校古楽研究所講習会に参加。シャンティクリアのメンバーとしてサンフランシスコで公演。イタリア、ミラノのキアラヴァッレにてグレゴリオ聖歌の講習を受ける、また、ウルビーノ古楽祭にてマドリガーレの演奏を行う。中世・ルネサンスの声楽アンサンブルからバッハ「ヨハネ受難曲」、ヘンデル「メサイア」等のソロやバロック時代のオペラまで幅広く活動している。アリアス•ヴォーカルクァルテットメンバー。アントレレーベルよりCDAve Maria」リリース。現在ラボラトーリオ・ディ・カントを主宰し、「イ・マドリガリスティ」等のア・カペラグループの指導や演奏を行う。イタリア文化会館ルネサンス声楽アンサンブルとイタリア歌曲講座講師。

新井道代(ルネサンス・フルート)
東京音楽大学を経て同大学院フルート専攻修了。同大学で1年助手を務めた後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学。2009年に同音楽院修士課程を修了し、帰国後は様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。2012年東京音楽大学公開ゼミナール「音楽のことば」フルートクラス講師。2016年より「トラヴェルソ・ワークショップ」を企画、開催。これまでにモダン・フルートを、相澤政宏、梅津正好、植村泰一の各氏に、トラヴェルソを前田りり子、バルトルド・クイケン、ウィルバート・ハーツェルツェットの各氏に師事。現在、アイゼナハ音楽院トラヴェルソクラス講師。


坪田一子(フィーデル)
国立音楽大学楽理学科卒業。ヴィオラ・ダ・ガンバを神戸愉樹美氏に師事。卒業後、コンソートおよびアンサンブルの通奏低音奏者として主にバロック音楽の演奏活動を行ってきたが、最近では中世・ルネサンス音楽にも意欲的。現在、上野学園中学・高等学校で古楽アンサンブルの授業を担当し若い人にヴィオラ・ダ・ガンバを教えている。杉本ゆり主宰「Laudesi Tokyo」、上村かおり・福沢宏主宰「ザ・ロイヤル・コンソート」メンバー。

ルネ・ジェニス=フォルジャ(リュート)
アムステルダム・スヴェーリンク音楽院でA・ベィルス氏にリュートを師事。音楽院時代にスペインの古い音楽に惹かれ、ビウエラや歴史的ギターを演奏していた。海外の著名なリュート奏者によるマスタークラス、講習会に参加。中世スペイン音楽の演奏を専門とするオランダの古楽アンサンブル"アンテケラ"のリーダーを務め、2004年にリリースされたCD「聖母マリアのカンティガス」はヨーロッパの数々の高級音楽雑誌に絶賛された。ユトレヒト古楽祭をはじめ、海外の多くの有名国際音楽祭に招かれている。また現在、アムステルダム音楽院にてリュートの講師として後進の指導に当たっている。






2017年6月20日火曜日

第4回発表会

時間が経ってしまいましたが、6月10日(土)に、私の生徒さん達の発表会を行いました。
1年~1年半に一回位の頻度で行っていて、これで4回目です。

ピアノ(実は一人だけずっと教えている子がいます・・)、フルート、トラヴェルソと楽器もいろいろで、曲も、ジブリからバッハのパルティータまで幅広いラインナップでした!

私の発表会では、司会は特になく、演奏する前にご自身で自己紹介と、何かフルートに関することをお話いただいてから、演奏に入ってもらうようにしています。
人によっては、話すのが苦手な方もいますが、誰かほかの人に司会をされてから演奏するよりも、場の雰囲気が和やかになって、聴くほうも演奏するほうもより自然に演奏に入っていけるのではと、勝手に思っています。

そして今回は、思いついて、最後にお渡しする記念品に、お一人お一人宛てにメッセージを書いたカードを添えてお渡ししました!
普段のレッスンではなかなか伝えられない事など、その方の事を思い出しながら書いてみました。
私もこうやって色々な先生方に思っていただいて、励まされて今があるのだなぁと実感しています。

指導者としても、もっと成長していきたいと思います。