2017年2月11日土曜日

トラヴェルソ・ワークショップ 2017年第1回

3月4日(土)に、今年のトラヴェルソ・ワークショップの第1回を行います。

すでに一般クラスは定員になり締め切らせていただきましたが、専門家クラスには空きがあります。

百聞は一見に如かず!? 

ぜひ、トラヴェルソを実際に手に取って、音を出してみて下さい。

きっとまた世界が一つ広がるはずです。

こちらに、昨年ご参加いただいた方に感想を書いていただいたものを載せていますので、
よろしければご覧ください。→ ワークショップの感想

お申込み、お待ちしております!

***

フルート奏者のための 
トラヴェルソ・ワークショップ 
2017前半期

普段はモダン・フルートを吹いている方のためのトラヴェルソ体験講座です。

トラヴェルソは未経験、またはほとんど吹いたことがないフルート奏者の方に
トラヴェルソを実際に経験していただくワークショップです。



【日程】 

第1回 2017年 3月4日(土) 一般クラス13:00~14:45  専門家クラス15:00~16:45

第2回     5月20日(土)一般クラス13:00~14:45  専門家クラス 15:00~16:45

第3回     7月22日(土)一般クラス13:00~14:45  専門家クラス 15:00~16:45

  一般クラス:趣味としてフルートを演奏される方のためのクラス
  専門家クラス:音大等でフルートを専門的に勉強している方、勉強した方のためのクラス

   *各回定員4名。楽器は一人一本をお貸しします。1回のみの受講も、複数回の受講も可能です。

【内容】 
楽器の説明や音階を吹いてみることから始め、バロック時代のやさしい曲を演奏してトラヴェルソを体験します。取り組む曲は、その都度変わります。

【受講料】 
3500(楽器レンタル代、資料代込み)

【会場】 
アトリエ・ソノーロ 1600022 新宿区新宿281新宿セブンピル 603
地下鉄丸の内線「新宿御苑前」駅より、徒歩3。 お申込み頂いた方には地図のリンクをお送りします。)

【講師】 
新井道代
東京音楽大学を経て同大学院フルート専攻修了。大学院修士論文「モダン・フルートによるバロック音楽演奏について」は高く評価され、日本フルート協会会報に掲載された。同大学で1年間助手を務めた後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学。2009年に同音楽院修士課程を修了し、帰国後はトラヴェルソを中心に様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。2010年より出身地である入間市で毎年古楽器による演奏会を開催。2012年東京音楽大学公開講座「音楽のことば」フルートクラス講師。2016年よりトラヴェルソ・ワークショップを企画、開催。また、バッハ・コレギウム・ジャパンのマタイ受難曲公演にも度々参加している。これまでにモダン・フルートを、相澤政宏、梅津正好、植村泰一の各氏に、トラヴェルソを前田りり子、バルトルド・クイケン、ウィルバート・ハーツェルツェットの各氏に師事。アイゼナハ音楽院トラヴェルソクラス講師。
ホームページ http://www.michiyoarai.net/

【お申し込み】 各開催日の1週間前までに、お名前、希望クラス、簡単な音楽歴をお書きの上、michiyo0104@gmail.com までメールでお申し込み下さい。
*定員になり次第締め切ります。
*1週間前を切ってもお申し込み頂ける場合がありますので、ご遠慮なくお問合せ下さい。


* * *
上記の日程でご都合がつかない場合、3名以上のグループでお申込みいただければ、

他の日時で開催することも可能です。お問合せ下さい。 


2017年1月23日月曜日

ブランチコンサート

昨日は、すみだトリフォニーホールで、バッハのロ短調ミサの本番でした。
トリフォニーの大ホールでの本番は初めてでしたが、ステージから客席を眺めると、さすがにとても大きく感じました。
が、演奏自体は、結構しやすかったかなと思います。

次のコンサートは2月19日、11時から、所沢のCafe ticotico にて、ピアニスト村本麻里子さん主催のブランチ・コンサートに出演します。

演奏はすべてモダン・フルートで、バッハやヘンデル、そしてフォーレなどを演奏します。

アットホームなコンサートになると思います。
お近くでしたらぜひ、お越しください!


***

所沢ブランチコンサート vol.22  
2017年2月19日(日)11:00~12:00 (開場10:45)

【プログラム】
ヘンデル:フルート・ソナタ ヘ長調 HWV369
J.S.バッハ:フルート・ソナタ 変ホ長調 BWV1031
フォーレ:シシリエンヌ 他

【出演】
新井道代(フルート)
村本麻里子(ピアノ)

【チケット】
限定25席
一般1500円 高校生以下1000円 (ワンドリンク付き)
*演奏終了後にランチをご希望の方は、申し込み時にお電話にて承ります。
   
【会場】
Cafe ticotico  (所沢市くすのき台1-5-23。所沢駅東口より徒歩5分)
Tel : 04-2941-6771
http://www.ptoko.jp/category/detail.php?NUMBER=395

【ご予約】
080-8198-3786
tokorozawa_brunch@yahoo.co.jp

≪出演者プロフィール≫

新井道代  (フルート)

東京音楽大学を経て、同大学院フルート専攻修了。その後、オランダ、デン・ハーグ王立音楽院古楽科にてトラヴェルソ(バロック時代のフルート)を学ぶ。現在は様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。

村本麻里子 (ピアノ)

兵庫県立西宮高校音楽科を経て、東京藝術大学を卒業。ドイツ・ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学を経て、国立シュテュットガルト音楽大学を卒業。現在はソロ、室内楽奏者として演奏活動を行っている。



2017年1月12日木曜日

トラヴェルソ・ワークショップ2017



昨年から始めたトラヴェルソ・ワークショップ、今年の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

場所は昨年と同じ、新宿御苑前のアトリエ・ソノーロ、日程は3月4日、5月20日、7月22日。いずれも土曜日です。

これまでのワークショップの記事もご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております!

*** 


フルート奏者のための 
トラヴェルソ・ワークショップ 
2017前半期

普段はモダン・フルートを吹いている方のためのトラヴェルソ体験講座です。

トラヴェルソは未経験、またはほとんど吹いたことがないフルート奏者の方に
トラヴェルソを実際に経験していただくワークショップです。



【日程】 

第1回 2017年 3月4日(土) 一般クラス13:00~14:45  専門家クラス15:00~16:45

第2回     5月20日(土)一般クラス13:00~14:45  専門家クラス 15:00~16:45

第3回     7月22日(土)一般クラス13:00~14:45  専門家クラス 15:00~16:45

  一般クラス:趣味としてフルートを演奏される方のためのクラス
  専門家クラス:音大等でフルートを専門的に勉強している方、勉強した方のためのクラス

   *各回定員4名。楽器は一人一本をお貸しします。1回のみの受講も、複数回の受講も可能です。

【内容】 
楽器の説明や音階を吹いてみることから始め、バロック時代のやさしい曲を演奏してトラヴェルソを体験します。取り組む曲は、その都度変わります。

【受講料】 
3500(楽器レンタル代、資料代込み)

【会場】 
アトリエ・ソノーロ 1600022 新宿区新宿281新宿セブンピル 603
        地下鉄丸の内線「新宿御苑前」駅より、徒歩3。 お申込み頂いた方には地図のリンクをお送りします。)

【講師】 
新井道代
東京音楽大学を経て同大学院フルート専攻修了。大学院修士論文「モダン・フルートによるバロック音楽演奏について」は高く評価され、日本フルート協会会報に掲載された。同大学で1年間助手を務めた後、オランダ,デン・ハーグ王立音楽院古楽科に留学。2009年に同音楽院修士課程を修了し、帰国後はトラヴェルソを中心に様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。2010年より出身地である入間市で毎年古楽器による演奏会を開催。2012年東京音楽大学公開講座「音楽のことば」フルートクラス講師。2016年よりトラヴェルソ・ワークショップを企画、開催。また、バッハ・コレギウム・ジャパンのマタイ受難曲公演にも度々参加している。これまでにモダン・フルートを、相澤政宏、梅津正好、植村泰一の各氏に、トラヴェルソを前田りり子、バルトルド・クイケン、ウィルバート・ハーツェルツェットの各氏に師事。アイゼナハ音楽院トラヴェルソクラス講師。
ホームページ http://www.michiyoarai.net/

【お申し込み】 各開催日の1週間前までに、お名前、希望クラス、簡単な音楽歴をお書きの上、michiyo0104@gmail.com までメールでお申し込み下さい。
*定員になり次第締め切ります。
*1週間前を切ってもお申し込み頂ける場合がありますので、ご遠慮なくお問合せ下さい。


* * *
上記の日程でご都合がつかない場合、3名以上のグループでお申込みいただければ、

他の日時で開催することも可能です。お問合せ下さい。 

2016年12月31日土曜日

コンサートご報告

今年も残すところ、あと数時間となりました!

今年は、ワークショップも演奏活動もとても充実した1年を過ごすことが出来ました。

11月、12月のコンサートを振り返ってみたいと思います。

11月19日には、入間市のマリンバ奏者、安藤円さん主催のジョイントコンサートに出演させて頂きました。
主にモダン・フルートとマリンバでのデュオ演奏でしたが、一部、古楽器(19世紀の”トゥルー”という楽器)を用いて、F.クープランの”恋の小夜啼き鳥”や、アイリッシュソングス・メドレー(安藤さんの素敵なアレンジによる)を演奏しました。


マリンバとのデュオは初めてでしたが、安藤さんの柔軟な演奏でとても気持ちよく演奏させて頂きました。

安藤さんはご自身のスタジオで毎月のようにこのような演奏会を催されていて、10年来のお客様などもいらっしゃり、とても素敵な演奏活動の形だなと思いました。



12月17日は、古楽研究会OrigoのSpace1Fにて、東日本大震災チャリティコンサートに出演しました。
フラウト・トラヴェルソ、バロック・オーボエ(杉本明美さん)、バロック・ヴァイオリン(小田切弘美さん)、チェンバロ(伊藤一人さん)で、シャフラート、テレマン、クヴァンツらの作品を演奏しました。
クヴァンツのトリオ・ソナタや、テレマンの”ターフェル・ムジーク”からの四重奏曲など、曲は知っていたけれども、コンサートでは演奏したことのなかった曲に取り組めて良かったです。





そして12月28日には、中野のSPACE415にて、”年の瀬コンサート”がありました。
このコンサートは自主企画ということで、色々と心配事もありましたが、やはり終わってしまうとあっという間で、楽しかったな~、という感想が第一です。
いつも一緒に演奏していただいているチェンバロの寺村朋子さんに加えて、ガンバの品川聖さん、バロック・ヴァイオリンの宮崎桃子さんという、初めてご一緒するお二人とも、かなり打ち解けられて、演奏も安心しながら楽しむことが出来たと思います。

演奏には色々と反省もありますが、また回を重ねるごとに良くなっていけるのでは、という手ごたえを感じるような本番でした。



















1月は、8日に慶應義塾大学コレギウム・ムジクム・古楽アカデミー・オーケストラ演奏会、そして22日にすみだトリフォニーホールで、モーツァルト記念合唱団によるJ.S.バッハ「ロ短調ミサ」の演奏会に出演します。

来年も、自分のやりたいことを形にしていけるように、前に進んでいきたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします!


2016年12月4日日曜日

年の瀬コンサート

演奏会のご案内です。


12月28日(水)に、中野のSPACE415にて、「年の瀬コンサート」と題した演奏会を行います。

トラヴェルソ、バロック・ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロでファッシュ、テレマン、C.P.E.バッハなどを演奏します。

SPACE415は、演奏者と客席が近い、アットホームな会場です。
是非お気軽にお出かけ下さい。

夕の部の終演後には、懇親会(忘年会?)も予定しています。
こちらもよろしければ、是非ご参加下さい!

すでにリハーサルが始まっていますが、とても楽しいコンサートになりそうです。
皆様のお越しをお待ちしております!


****

年の瀬コンサート in SPACE415 
~ドイツ・バロックの室内楽曲を集めて~
J.F.ファッシュ:トリオ・ソナタ ト長調
G.P.テレマン:「ハンブルク四重奏曲集」より コンチェルト第2番 ニ長調
G.P.テレマン:「無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのためのファンタジア」より ト長調
C.P.E.バッハ:トリオ・ソナタ ロ短調 Wq143   他


新井道代(フラウト・トラヴェルソ)、宮崎桃子(バロック・ヴァイオリン)
品川聖(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺村朋子(チェンバロ)


2016年12月28日(水)
昼の部 13時30分開演(13時開場) 

夕の部 17時開演(16時半開場)*夕の部は終演後、演奏者も含めての懇親会があります。ぜひご参加下さい。

会場:SPACE415
 http://space415.info/
(中野区新井2-48-12。JR中野駅北口徒歩12分、西武新宿線野方駅よりバス5分)
地図をFAX、メールでお送りすることもできます。お問合せ下さい。

全席自由 3000円


2016年12月1日木曜日

古楽研究会チャリティコンサート

気温が日によってかなり違う日が続きますね。
昨日はかなり寒かったので、今日はしっかり厚着をして出かけたら、あまり寒くありませんでした・・・。

さて、12月17日(土)に、要町の古楽研究会SPACE1Fにて、東日本大震災のチャリティコンサートに出演します。

もう67回目ということで、長く続いているコンサートです。

今回は、トラヴェルソとバロック・オーボエ、バロック・ヴァイオリン、チェンバロでテレマンやクヴァンツなどドイツものを中心に演奏します。

入場料は500円で、全額義援金として寄付させて頂きます。

ご都合よろしければ、ぜひお越しください。


***
器楽の饗宴~baroque~ 
~ 東日本大震災チャリティ ワンコイン・コンサート♯67 ~ 

J.J.クヴァンツ(1697-1773) トリオソナタ ハ短調  
C.シャフラート(1709-1763) トリオソナタ ト短調  
G.P.テレマン(1681 -1767) ターフェルムジーク より 四重奏曲ト長調 TWV43:G2 
 
トラヴェルソ        新井 道代           オーボエ     杉本 明美 
ヴァイオリン     小田切 弘美         チェンバロ        伊藤 一人 
 
日 時:2016 年12 月17 日 (土) 15 : 00 開演(14 :30 開場)  
会 場 :古楽研究会 Space1F            
東京都板橋区中丸町 10-1  古楽研究会ビル 1 階 (有楽町線要町駅徒歩10分)

入場料 :500 円(募金箱もあり) ※すべてを義援金として寄付します
 お問合せ:03-3530-6224/090-3573-8731 (古楽研究会 Origo et Practica)

主 催: 古楽研究会 Origo et Practica   http://space1f.jp/  http://www.origoetp.gr.jp/

2016年11月28日月曜日

ワークショップの感想

少し時間が経ってしまいましたが、11月13日に第7回トラヴェルソ・ワークショップを行いました。

この日は全く初めて参加される方も、リピーターの方もいらっしゃって、また有意義な時間を過ごさせて頂きました。

リピーターの方お二人にお願いして、ワークショップの感想を書いていただきましたので、ここに載せさせていただきます。

***

【Oさんより】

指使いと息使い
ほっこりと温かい音のトラヴェルソです。それでも音階を出すと、指使いや息使いで音をつくる大変さと面白さに身体はオロオロと大忙しです。
新井先生は丁寧にお手本を示して、イメージだけでなく具体的な方法を説明してくださいます。

バロック音楽の理解
トラヴェルソでどのように表現するのか、バロック時代の歴史 お勧めの楽譜集 参考になる書籍まで、レベルに合わせて教えてくださいます。
自分で学ぶ方法が理解できます。

楽器の使用
新井先生がお使いの楽器を演奏させてくださいます。製作者やモデルが異なり、様々な響きや音色を聴く事ができる貴重な時間です。
木管大好きには興味津々でワクワク気分です。

グループワーク
参加者の演奏している姿や音を注意深く観て聴いて、できている事はしっかりと認めてくださいます。できていない事はどのように困っているかを受け止めて、解決策を共に考えてくださいます。
新井先生や参加者と共に演奏し、音やリズムを合わせる事で多くの気付きや学びができます。グループワークだからできる事です。
少しでも音やリズムが合い、できると実感するとまた参加したいなと思います。

***

【Fさんより】

初めてトラヴェルソを聴いたのは今から約25年前で、当時の先生(モダン)がクイケンとズーンのCDを勧めてくださいました。

それまで「それが当然(無知ゆえ)」と思って聴いていたピアノのバッハ曲を、本来のチェンバロで聴いたとき受けた衝撃と同じくらい、トラヴェルソの素朴で美しい音にノックアウトされたのを覚えています。以来、銀の笛を練習しながらも、聴く楽曲は古楽器編成によるものの方が断然多くなりました。


トラヴェルソは、今でこそだい分身近になりましたが、ピッチも違うし、本物も楽器屋さんで見たり触ったりしたことがなかったので、遠い憧れの存在のままでした。
半年前、娘のフルート教室を探しておりましたら、偶然にもトラベルソ・クラスが都内で何カ所あることを知り、そのひとつが新井道代先生のレッスンでした。
何の迷いもなく、参加させていただきました。
右も左も分からない素人に、道代先生は手取り足取り、イロハから教えてくださいました。
とても分かり易く、優しく、モタモタしていても待って下さり、丁寧なご指導には感謝しきれません。
また、楽器も幾つもあって、吹き比べをし面白かったです。

長年の憧れだったトラヴェルソの音は、丸みがあってやわらかでした。
運指が違うので、ミス多発ですが、レッスンが終わる頃には、マタイの短いフレーズが合奏できて、感動的でした。

約250年も前に演奏された曲ってこんな音だったのかな…装飾が案外難しい…ビブラートは?…興味は尽きません。

木と風が作る音色は耳障りが良く、何とも幸せな気持になります。
楽しい90分、あっという間に過ぎました。続けていきたいと思っています。