2021年12月2日木曜日

「古楽器で楽しむ古典派音楽」終わりました

11月28日(日)入間市文化創造アトリエ・アミーゴにて、
「古楽器で楽しむ古典派音楽inアミーゴ」が無事に終わりました。

コロナ対策で客席も人数を制限しなければいけませんでしたが、
それでもたくさんの方にお越しいただき、感謝しております。

ハイドンの「6つのディヴェルティメント」、お聴きくださった方に曲の良さが伝わっていれば嬉しいです。

次回のアミーゴでの演奏会は、来年11月ごろ、バロック音楽とバロックダンスの饗宴を予定しています!
ぜひまたお運びください。




2021年11月27日土曜日

明日、「古楽器で楽しむ古典派音楽」です



明日、入間市文化創造アトリエでの「古楽器で楽しむ古典派音楽」、
予定通り開催いたします。

昼公演は満席で、当日券販売はありませんが、夜公演は空きがありますので、
当日券も販売致します。

お待ちしております。


明日、使用する楽器、8キーフルートです。

2021年11月12日金曜日

古楽器で楽しむ古典派音楽 聴きどころ②

11月28日の「古楽器で楽しむ古典派音楽」、昼公演は満席となっております。
夜公演はまだ空きがございますので、ぜひ18時からの夜公演にお出かけ下さい。

*****
 前回は、「6つのディヴェルティメント」の中に、ハイドンのオペラ「月の世界」からの転用が行われているという話を書きました。

 この「月の世界」からの転用が行われているのは、第1,2,3,5,6曲目においてなのですが、実はここに入っていない4曲目では、バリトン・トリオからの転用が行われています。

 ”バリトン”、ご存知でしょうか?

写真:Wikipediaより



こんな弦楽器です。

表には6本or7本の弦が張ってありますが、それだけではなく、指板の裏に、9本∼24本の共鳴弦が張ってあります。

この共鳴弦は、表の弦に共鳴して鳴るという事ですが、それだけでなく、左手の親指でも弾かれます。

18世紀末までオーストリア、南ドイツ、東欧などで弾かれていましたが、調律も演奏もとても難しく、その後は段々と演奏されなくなっていきました。

ハイドンが仕えていたエステルハージ家の侯爵、ニコラウス・ヨーゼフ・エステルハージがこの楽器を非常に好んでいたので、ハイドンは175曲ものバリトン・トリオを作曲しています。


今回、演奏する「6つのディヴェルティメント」の第4番には、このバリトン・トリオの第97番の全7楽章の内、3楽章が転用されています。

「月の世界」からの転用では、曲にかなり手が加えられているものもありますが、このバリトン・トリオからの転用は、曲自体はほぼそのままで、バリトンパートをフルートに、ヴィオラパートをヴァイオリンに置き換えてあります。(チェロパートはそのままチェロで弾かれます。)

やはり元々が器楽曲だったせいか、ほかの5曲とは少し違う雰囲気があるような気がします。

ハイドンの生きていた頃には弾かれていた、この”バリトン”という楽器にも、少し思いを馳せながら聴いていただけたら幸いです!


*********

古楽器で楽しむバロック音楽番外編

古楽器で楽しむ古典派音楽 in アミーゴ!

【プログラム】

F.J.ハイドン:6つのディヴェルティメント Hob.IV:6*,7,8,9,10**,11
(*昼公演のみ、**夜公演のみ)


【演奏】
新井道代(クラシカル・フルート)、池田梨枝子(ヴァイオリン)、野津真亮(チェロ)

【入場料】 前売 2000円 当日 2500円

2021年1128日(日) 
昼公演 満席となっております。14時開演(13時半開場) 
夜公演 18時開演(17時半開場)
(各回25席)

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ! スタジオ (西武池袋線仏子駅北口徒歩5分)

【お申込み、お問合せ】
コンサート事務局  メール:baroque.office@gmail.com Tel:050-7132-0903










2021年11月3日水曜日

古楽器で楽しむ古典派音楽 聴きどころ①

 11月28日にある「古楽器で楽しむ古典派音楽inアミーゴ!」の聴きどころを少しずつご紹介したいと思います。

 今回演奏するのは、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの「6つのディヴェルティメント Hob.IV:6~11」(1784) という曲集です。

 この曲集はフルート(又はヴァイオリン)、ヴァイオリン、チェロのための三重奏ですが、ハイドン自身のオペラ「月の世界」からの転用(以前書いた曲又はその一部を再度利用する)が多く見られます。 

 ハイドンと言えば、交響曲や弦楽四重奏曲が有名ですが、仕えていたエステルハージ家のニコラウス侯爵は、宮殿内にオペラ劇場を建てたほどのオペラ好きでしたので、ハイドンも20数作のオペラを書いたとされています。

 「月の世界」はその内の一つで、1777年8月3日にエステルハージ宮殿歌劇場で初演されました。ストーリーは、オペラによくあるような、恋と結婚のどたばた喜劇ですが、それが人間の月に対する想いや想像を軸に進められ、物語に格別な奥行きと面白さを与えています。

 ハイドンは、「6つのディヴェルティメント」全6曲の内、5曲(内、6つの楽章)で、「月の世界」からの転用を行っています。ほとんど手を加えずに転用している曲もありますし、かなり手を加えて転用しているものもありますが、いずれにしても、私たちは、フルート、ヴァイオリン、チェロという小さな編成の室内楽曲の中に、オペラの美しいアリアや舞曲、合唱曲などを聴くことができます。

 ちなみに「月の世界」は初演後、エステルハージでも他の場所でも再演されることはなかったということです。
 ここから推測するに、このオペラをもったいなく思ったハイドンが、ここから「6つのディヴェルティメント」への転用を思いついたのか!?、
 または、「6つのディヴェルティメント」の、出版社との締め切りに追われたハイドンが、あまり人に聴かれていない「月の世界」からの転用を思いついたのか!?

 ・・・真偽のほどはご本人に聞いてみないと分かりませんが、いずれにしても、この曲集は、6曲それぞれがとても個性があり、ハイドンの楽しさや美しさがぎゅっと凝縮されたような、とても魅力的な曲集です!


 また続けて聴きどころをご紹介していきたいと思いますが、今日はこの辺で・・!

 

 おかげさまで昼公演はお席残りわずかとなっております。

 夜公演はお席、まだまだ大丈夫です! ご都合よろしければ、ぜひお出かけ下さい😀

 

*****************

古楽器で楽しむバロック音楽番外編

古楽器で楽しむ古典派音楽 in アミーゴ!

【プログラム】

F.J.ハイドン:6つのディヴェルティメント Hob.IV:6*,7,8,9,10**,11
(*昼公演のみ、**夜公演のみ)

【演奏】
新井道代(クラシカル・フルート)、池田梨枝子(ヴァイオリン)、野津真亮(チェロ)

【入場料】 前売 2000円 当日 2500円

2021年1128日(日) 
昼公演 14時開演(13時半開場) 夜公演 18時開演(17時半開場)
(各回25席)

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ! スタジオ (西武池袋線仏子駅北口徒歩5分)

【お申込み、お問合せ】
コンサート事務局  メール:baroque.office@gmail.com Tel:050-7132-0903






 



2021年10月15日金曜日

ダイレクトメール

 今日は、11月28日のコンサートのダイレクトメール発送作業をしました。

作業をしていたら、インコのモズちゃんが退屈して騒ぎ始めたので、作業の机までケージごと連れてきて、応援していてもらうことにしました!


















初め、封筒の山に驚いて(?)大人しかったモズちゃん。
段々慣れてきて、また騒がしくなりました・・。

ナニナニ?何してるの?
















モズちゃんに応援してもらって、今日のタスクは終了。
予定通り、今日中の集荷に間に合いそう~! 早ければ明日配達してもらえる!
と思って、郵便局に急ぐも、
・・なんと10月初めから、土曜日の配達は廃止されたとのこと・・。
が~ん・・ 
ですが、集中して終わらせることが出来たので、良かったことにします。

というわけで、月曜日にはコンサートのご案内が届くかと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

*****

古楽器で楽しむバロック音楽番外編

古楽器で楽しむ古典派音楽 in アミーゴ!

【プログラム】

F.J.ハイドン:6つのディヴェルティメント Hob.IV:6*,7,8,9,10**,11
(*昼公演のみ、**夜公演のみ)

【演奏】
新井道代(クラシカル・フルート)、池田梨枝子(ヴァイオリン)、野津真亮(チェロ)

【入場料】 前売 2000円 当日 2500円

2021年1128日(日) 
昼公演 14時開演(13時半開場) 夜公演 18時開演(17時半開場)
(各回25席)

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ! スタジオ (西武池袋線仏子駅北口徒歩5分)

【お申込み、お問合せ】
コンサート事務局  メール:baroque.office@gmail.com Tel:050-7132-0903






2021年10月5日火曜日

檜原村コンサート 終わりました

 昨日は、奥多摩の檜原村の”森のささやき”にて、無伴奏のコンサートをさせて頂きました。

生徒さんから、檜原に素敵な木工工房があるので、コンサートしませんか、というお話を聞いたのが、確か今年の初め頃。
その後、6月に下見に伺って、河邉さんというカウンセラーの方にもご協力いただき、
呼吸法ワークショップとコンサート、という事で企画することになりました。

昨日は、しばらくの荒天が嘘のような素晴らしいお天気に恵まれて、
始まる前には内心、吹いている時に暑すぎると困るな、、などと思っていましたが、さすがに森の中のことで、暑すぎるなんてことはなく、ちょっとひんやりするくらいでした!

かなり遠い所からもお客様が来てくださり、和やかな雰囲気の中、呼吸法ワークショップからスタート。
河邉さんが推奨する”真呼吸”を行い、静かで穏やかな時間となりました。

コンサートは、皆さんがぐるりと周りに座って、私が真ん中に立って、1曲ずつ方向を変えながら演奏する、という形で行いました。
窓も開け放して、風や木々の音や鳥の声を聞きながらの本番、普段のコンサートとはかなり違う環境でしたが、また一つ、とても貴重な体験となりました。

色々なご縁が重なって実現したこのコンサート。
また2回目も企画できたら・・と思っています!





コンサートの様子。
何か説教でもしているかのような・・・?





コンサートの後は、すぐ近くにある”払沢の滝”を見に行きました。
これは私と河邉さんの後ろ姿・・。










”払沢の滝”。
見ていると心がスーッとしてきます。




2021年9月29日水曜日

発表会


 9月26日に、生徒さんたちの発表会を行いました!

今回は、出来そうな方には、生徒さん同士のアンサンブルにも挑戦していただき、和気あいあいとした充実した会になりました。

全員がそれぞれの課題にちゃんと向き合って、去年よりも確実に上達されていて、なんだかほっこり幸せな気持ちになりました!

最後には私も演奏して、生徒さんたちと同じように緊張感を味わいました~

年々、生徒さん同士も仲良くなって、お互いに演奏を聴き合うのが良い刺激になっていらっしゃるようです。


とにもかくにも良い会になり、嬉しい1日でした!