2024年5月22日水曜日

SOLFEGGI

 クヴァンツの「SOLFEGGI」という本。










クヴァンツのレッスンメモのような本で、楽譜の断片と、所々にそれをどうやって演奏するかの注意書きが記されています。

当時どうやって演奏していたのかを知るヒントが、そこここに書かれている、とっても貴重な本です。

こんな本を書き残してくれたクヴァンツに感謝✨ (本人は、フリードリッヒ大王のレッスンなどのために書いたわけで、数百年も後の、しかも日本人が読んでいるとは思いもよらないと思いますが・・・。)


今日は、25日の演奏会のためのリハーサルでした。

タンギングのシラブル(ti か、di か、riか、など)が一つ違うだけで、白井さんと合ったり合わなかったり、というのがすごくはっきり分かって、面白かった! 
そしてもっと考えなくては! と思い、「SOFEGGI」を開きました。

明日も白井さんと練習です。

25日、まだお席ございます。
試行錯誤の成果を、ぜひ聴きにいらしてくださいませ!

*******
















『時代の狭間で躍る後期バロックの響き』


【日時】2024年5月25日(土)15時開演(14時半開場)
【会場】東京都民教会 (下北沢駅より徒歩5分)
http://tokyo-citizenschurch.com/?page_id=39

バロックから古典派への移行期に活躍したドイツの作曲家たちは、時代の狭間で独自のスタイルを確立し、独創的でオリジナリティ豊かな作品を数多く残しました。
本公演では、フルート2本と通奏低音のためのトリオ・ソナタに焦点をあて、J.S.バッハの息子であるフリーデマン・バッハ、バイロイト宮廷音楽家のアンナ・ボンやベルリンの宮廷音楽家であるシャフラ―ト、そして、ギャラント様式や多感様式を駆使して革新的な役割を果たしたカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ等の作品が取り上げられます。

特に、白井がクラインクネヒトの作品を調査している過程で偶然見つけた、作品目録にも載っていないトリオ・ソナタは必聴の1曲です。

斬新な作曲法や表情豊かな旋律によって私たちの心を揺り動かす、これらの知られざる名曲を、ぜひお楽しみいただければ幸いです。

【プログラム】
J. F. クラインクネヒト / トリオ・ソナタ ト長調
A. ボン/ ディベルティメント ニ短調 Op. 111-4
C. シャフラート / トリオ・ソナタ ト長調 CSWV E15
F. W. リート / トリオ・ソナタ ニ長調
W. F. バッハ / トリオ ニ長調 F. 47
C. P. E. バッハ / ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ハ長調 Wq. 136 他

【演奏】 白井美穂、新井道代 (フラウト・トラヴェルソ)、小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、宮崎賀乃子 (チェンバロ)

【入場料】3500円(当日4000円、学生2500円)
*学生券はコンサート事務局のみでお取り扱い

【チケットお取り扱い】
TIGET     https://tiget.net/events/297313
コンサート事務局 officebaroqueflutes@gmail.com
(教会へのお問い合わせはご遠慮ください)

後援:ドイツ連邦共和国大使館




2024年5月14日火曜日

動画

今日も25日の演奏会のリハーサルで、そして、私たちの演奏の様子が少し伝わるかなと思い 、動画を撮ってみました。

W.F.バッハのトリオ F.47 第3楽章の最後の方です。

めちゃくちゃかっこいい曲です。

宜しければご覧になってみて下さい!





『時代の狭間で躍る後期バロックの響き』

【日時】2024年5月25日(土)15時開演(14時半開場)
【会場】東京都民教会 (下北沢駅より徒歩5分)
http://tokyo-citizenschurch.com/?page_id=39

バロックから古典派への移行期に活躍したドイツの作曲家たちは、時代の狭間で独自のスタイルを確立し、独創的でオリジナリティ豊かな作品を数多く残しました。
本公演では、フルート2本と通奏低音のためのトリオ・ソナタに焦点をあて、J.S.バッハの息子であるフリーデマン・バッハ、バイロイト宮廷音楽家のアンナ・ボンやベルリンの宮廷音楽家であるシャフラ―ト、そして、ギャラント様式や多感様式を駆使して革新的な役割を果たしたカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ等の作品が取り上げられます。
特に、白井がクラインクネヒトの作品を調査している過程で偶然見つけた、作品目録にも載っていないトリオ・ソナタは必聴の1曲です。
斬新な作曲法や表情豊かな旋律によって私たちの心を揺り動かす、これらの知られざる名曲を、ぜひお楽しみいただければ幸いです。

【プログラム】
J. F. クラインクネヒト / トリオ・ソナタ ト長調
A. ボン/ ディベルティメント ニ短調 Op. 111-4
C. シャフラート / トリオ・ソナタ ト長調 CSWV E15
F. W. リート / トリオ・ソナタ ニ長調
W. F. バッハ / トリオ ニ長調 F. 47
C. P. E. バッハ / ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ハ長調 Wq. 136 他

【演奏】 白井美穂、新井道代 (フラウト・トラヴェルソ)、小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、宮崎賀乃子 (チェンバロ)

【入場料】3500円(当日4000円、学生2500円)
*学生券はコンサート事務局のみでお取り扱い

【チケットお取り扱い】
TIGET https://tiget.net/events/297313
コンサート事務局 officebaroqueflutes@gmail.com
(教会へのお問い合わせはご遠慮ください)
後援:ドイツ連邦共和国大使館





2024年5月13日月曜日

リハーサル

今日は、25日の演奏会のためのリハーサルでした。

良い感じに仕上がりつつあると思います。

白井美穂さんは私が標準装備(?)していない表現をたくさん持っていて、
この機会に色々盗みたい!(学びたい!)と思いながらやっています。

そして、珍しい曲がたくさん!
W.F.バッハのトリオも、良く演奏されるのではない方の曲ですし、
クラインクネヒトも、白井さんがある意味”発掘”した曲です。
どれもそれぞれ味のある、良い曲ばかりです。

熱い本番になると思います!
ぜひ皆様、聴きにいらしてください~!

*****






































『時代の狭間で躍る後期バロックの響き』

【日時】2024年5月25日(土)15時開演(14時半開場)
【会場】東京都民教会 (下北沢駅より徒歩5分)
http://tokyo-citizenschurch.com/?page_id=39

バロックから古典派への移行期に活躍したドイツの作曲家たちは、時代の狭間で独自のスタイルを確立し、独創的でオリジナリティ豊かな作品を数多く残しました。
本公演では、フルート2本と通奏低音のためのトリオ・ソナタに焦点をあて、J.S.バッハの息子であるフリーデマン・バッハ、バイロイト宮廷音楽家のアンナ・ボンやベルリンの宮廷音楽家であるシャフラ―ト、そして、ギャラント様式や多感様式を駆使して革新的な役割を果たしたカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ等の作品が取り上げられます。

特に、白井がクラインクネヒトの作品を調査している過程で偶然見つけた、作品目録にも載っていないトリオ・ソナタは必聴の1曲です。

斬新な作曲法や表情豊かな旋律によって私たちの心を揺り動かす、これらの知られざる名曲を、ぜひお楽しみいただければ幸いです。

【プログラム】
J. F. クラインクネヒト / トリオ・ソナタ ト長調
A. ボン/ ディベルティメント ニ短調 Op. 111-4
C. シャフラート / トリオ・ソナタ ト長調 CSWV E15
F. W. リート / トリオ・ソナタ ニ長調
W. F. バッハ / トリオ ニ長調 F. 47
C. P. E. バッハ / ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ハ長調 Wq. 136 他

【演奏】 白井美穂、新井道代 (フラウト・トラヴェルソ)、小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、宮崎賀乃子 (チェンバロ)

【入場料】3500円(当日4000円、学生2500円)
*学生券はコンサート事務局のみでお取り扱い

【チケットお取り扱い】
TIGET     https://tiget.net/events/297313
コンサート事務局 officebaroqueflutes@gmail.com
(教会へのお問い合わせはご遠慮ください)

後援:ドイツ連邦共和国大使館

2024年5月10日金曜日

山梨のコンサート

今日は、チェンバロの寺村朋子さんとリハーサルでした。

2人で6月8日に、甲府で精力的に活動されている歌手の川口聖加さん主催のサロンコンサートで演奏させていただきます。

寺村さんとは今までにも何回も一緒に演奏していただいていて、今は中世音楽を歌うグループでもご一緒しているので、和気あいあいと、とても楽しい時間でした。

会場で直接鑑賞の他、ライブ配信(1週間のアーカイブ有)もあるそうです。

ぜひご覧になってください。

お申し込みは https://tiget.net/events/316928 よりお願いいたします♪























































**************

「聖加とゲストの月1サロンライブ」
毎月1回、声楽家の川口聖加がゲストを迎え、クラシック音楽を中心に(時々+αのジャンル)のコンサートを行う。有観客で最大7名、その他はライブ配信で視聴していただくシリーズ。Vol.34のゲストは新井道代(フラウト・トラヴェルソ)・寺村朋子(チェンバロ)
聖加とゲストの月1サロンライブ Vol.34
ゲスト: 新井道代(フラウト・トラヴェルソ)・寺村朋子(チェンバロ)
2024年6月8日(土) 15時開演(14時40分開場)
ナーブルホームサロン https://www.naable.com/
会場参加 5,000円(※”川口聖加のうたサロン”会員は会場4,000円 ライブ配信無料)
ライブ配信 2,000円(一週間視聴可能)⬇️
※川口聖加のうたサロン
<プログラム>
F.クープラン:王宮のコンセール 第1番
J.S. バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ イ長調 BWV1032
J.S. バッハ:平均律第2巻より第1番ハ長調 前奏曲とフーガ BWV870
A. ヴィヴァルディ:カンタータ「疑いの影さして」All'Ombra Di Sospetto RV 678 他
<プロフィール>
新井道代(フラウト・トラヴェルソ)
東京音楽大学大学院フルート専攻修了。デン・ハーグ王立音楽院フラウト・トラヴェルソ専攻修士課程修了。バロックを中心に様々な時代のフルートで演奏活動を行っている。今年7月にWAONレコードより「ハイドン/6つのディヴェルティメント」がリリースされた。トラヴェルソを前田りり子、B.クイケン、W.ハーツェルツェットの各氏に師事。現在はアイゼナハ音楽院(御茶ノ水)、主宰教室(所沢)にて指導にも力を入れている。
寺村朋子(チェンバロ)
東京藝術大学卒業。同大学大学院修士課程修了。山田貢、鈴木雅明の両氏に師事。 第7回国際古楽コンクール〈山梨〉第2位入賞。「フルートバロックソナタ集」「J.S.バッハ作 品集」(増刷)を編曲出版。ソロCD 「Capriccioお気に召すまま」(レコード芸術準推薦)リリース。宮地楽器チェンバロ科講師。日本チェンバロ協会会員。(一財)チェンバロ振興財団クープラン理事。Youtube 「Cembaloチェンバロう!」演奏動画配信中。
川口 聖加(ソプラノ)
新潟大学および同大学院にて声楽を専攻した後、オランダ王立音楽院のソロ声楽科にて学び、演奏家ディプロマを取得し卒業。歌曲、オペラ、バロック声楽曲、宗教曲、現代曲など幅広いレパートリーを持ち、日本国内外で演奏活動を行う。CD「リラの花咲くころ」、「タケミツ・ソングス」をリリース。ドイツリート研究会「ノイエ・クレンゲ」会員。Music Theater Group tuttiY(ミュージックシアターグループ・トゥッティ)代表、混声合唱団アルクス指揮者。笛吹音楽祭合唱指導者。合同会社ナーブル音楽企画代表。オンラインサロン「川口聖加のうたサロン」主宰。Facebookグループ「フォルテピアノ倶楽部」管理者。noteでは川口聖加 / 歌と身体の研究室に執筆。「文化が育てば街は変わる、人は変わる」をコンセプトに、甲府近辺に100席の音楽ホールを誕生させるために活動中。


 



2024年5月6日月曜日

山の教え

昨日は、久しぶりに何もない日だったので、一人で山へ・・・。

お正月明けに行ったけど、思ったより大変で途中で引き返してきてしまった、関八州見晴台へ行きました。

西吾野駅から20分くらい舗装道を歩いて、登山道へ。

初めから結構な急な登りで、前回は、ちょっとびびって、もういいや~と思ってしまったのでした。

前回引き返した所(それでも、結構頑張ったんだなぁという感じ)を越えて、しばらく行くと、登りも少し楽になってきて、気持ちの良い尾根道へ。

きつい先には、楽なことが待っているのだなぁ・・などと思っている内に、高山不動尊に到着。

そこからさらに10分くらい登ると、関八州見晴台でした。

名前からして(?)、もう少し、いかつい感じの場所かと思っていましたが、ツツジのトンネルが出迎えてくれる、ほっこりとした気持ちの良い広場のような所でした。












当然のことながら、見晴らしは最高。


 












帰りは、吾野駅に出るルートで歩こうと思ったら、思った以上のすごい山道下り坂で、
大丈夫ではあるのですが、一人で薄暗い山道を歩くのはそれなりに緊張します。
でもそれも、しばらく行くと気持ちの良い山道に変わり、ずーっと大変、という事はないんだなぁと思いました。

今回の山歩きの教えは、
”きつい先には楽しいことが待っている” かな?


さて、今度6月13日(木)に、いつも古楽器の演奏会でお世話になっている入間市文化創造アトリエ・アミーゴで、朝コンサートというものに出演させて頂きます。
朝ごはん付の、ユニークなコンサートです。
モダン・フルートで、ピアノの村本麻里子さんと、”デュオ・プラタナス”として演奏します。
申込受付が5月7日から始まるそうなので、お近くの方、朝のひとときに、いかがでしょうか?
























そして、5月25日の後期バロックの演奏会も、お申込み受付中です♪



2024年5月4日土曜日

ガーデンコンサート

今日は、個人宅のお庭でのガーデンコンサートで演奏させていただきました。

お庭と言っても、すごく広いのです!
そして今日のために色々とお花を植えて下さったり、ステージとなる所にも
色々な飾りを施してくださっていて、とっても可愛らしい、素敵なコンサート会場でした。
(個人のお宅のため、写真の掲載は控えますが、とにかく素敵でした!)

お子さんもたくさん来て下さって、目の前に座って静かに聴いてくれていて嬉しかったです。(まなざしを感じてちょっと緊張・・・)

私は前半はルネサンス・フルート、後半はモダン・フルートに持ち替え、アイリッシュ・ハープの田中麻里さんと、ルネサンスの曲、アイルランドの曲、日本の曲など、演奏しました。

今日、演奏した曲でどれが一番好きか、と聞かれたら、”卒業写真”と答えるかな・・。
ユーミンのあの曲です。
あと、”中国地方の子守歌”も大好きです。

普段はポップスは人前ではあまり演奏しないので、新鮮で楽しかったです。










主催の方の手作りのプログラム(表紙)!










プログラムの中には、ローズマリーが挟んであって、良い香り・・。













全部お庭のお花で作ってくださった、花束。










*******



♪今後の演奏会のお知らせ♪  ご来場お待ちしております!

『時代の狭間で躍る後期バロックの響き』

【日時】2024年5月25日(土)15時開演(14時半開場)
【会場】東京都民教会 (下北沢駅より徒歩5分)
http://tokyo-citizenschurch.com/?page_id=39

 バロックから古典派への移行期に活躍したドイツの作曲家たちは、時代の狭間で独自のスタイルを確立し、独創的でオリジナリティ豊かな作品を数多く残しました。
本公演では、フルート2本と通奏低音のためのトリオ・ソナタに焦点をあて、J.S.バッハの息子であるフリーデマン・バッハ、バイロイト宮廷音楽家のアンナ・ボンやベルリンの宮廷音楽家であるシャフラ―ト、そして、ギャラント様式や多感様式を駆使して革新的な役割を果たしたカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ等の作品が取り上げられます。
 特に、白井がクラインクネヒトの作品を調査している過程で偶然見つけた、作品目録にも載っていないトリオ・ソナタは必聴の1曲です。
 斬新な作曲法や表情豊かな旋律によって私たちの心を揺り動かす、これらの知られざる名曲を、ぜひお楽しみいただければ幸いです。

【プログラム】
J. F. クラインクネヒト / トリオ・ソナタ ト長調
A. ボン/ ディベルティメント ニ短調 Op. 111-4
C. シャフラート / トリオ・ソナタ ト長調 CSWV E15
F. W. リート / トリオ・ソナタ ニ長調
W. F. バッハ / トリオ ニ長調 F. 47
C. P. E. バッハ / ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ハ長調 Wq. 136 他

【演奏】 白井美穂、新井道代 (フラウト・トラヴェルソ)、小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、宮崎賀乃子 (チェンバロ)

【入場料】3500円(当日4000円、学生2500円)
*学生券はコンサート事務局のみでお取り扱い

【チケットお取り扱い】
TIGET     https://tiget.net/events/297313
コンサート事務局 officebaroqueflutes@gmail.com
(教会へのお問い合わせはご遠慮ください)

後援:ドイツ連邦共和国大使館


























**********

そして・・【トラヴェルソ・ワークショップ】もお申込み受付中です!