2022年1月20日木曜日

ポンペイの笛

上野の国立博物館でやっているポンペイ展に行ってきました。

紀元79年に火山の噴火によって埋もれてしまった、イタリアの古代都市。
18世紀から、発掘が始まったというポンペイは、火山灰によって、まさに生活が封じ込められたかのような状態だったそうです。

約2000年前のものとは、とても思えない綺麗な状態の生活用品やモザイク画、彫像など、見ごたえがありました。
ポンペイのことはあまり知らずに行ったのですが、なんとなく予想していたよりも、はるかに高度な文明があった所なのだというのが分かりました。



なんと笛もありましたよ。
指穴や歌口(息を吹き込むところ)はあまり良く分からなくて、縦笛なのか横笛なのかもいまいち分かりませんでした。
が、文明あるところに笛、あり! ですね。










こちらはシストラムという名前の打楽器だそうです。
特に説明は書いていなかったのですが、柄の部分を持って、左右に振ると、刺さっている何本かの金具が行ったり来たりして音が出るのではないかと思いました。








わたし的にぐっと来たのが、こちらの「タコとイセエビの戦い」というモザイク画です。
なんとタコとイセエビが空中戦を展開しています!
なんという想像力! そしてなんという描写力!












こちらもモザイク画で、”番犬を飼っていますよ” ということを、人に知らせるために玄関などに掲げていたものだそうです。
泥棒に、来たら怖いことになるよ、と知らせるためでしょうか?

うちも、”インコ飼ってますよ” の絵を玄関に出そうかな? (なんのために?)







2022年1月17日月曜日

温子さんとお話し

今日、ZOOMで、いつも私のチラシをデザインしてくれている森本温子さんと2時間位おしゃべりをしました。

良い友人でもある温子さんですが、今日のはただのおしゃべりではなく、”対談” です!

じつはこのブログで、お知り合いや生徒さんなど、身近にいる素敵な方々と対談をして、それを文章にして載せるということをやってみようと思い、今日はその第1回目としての対談でした。

ちょっとネタばれですが、温子さんに出会ったのは、実は、デン・ハーグ王立音楽院の卒業試験の前の日の晩でした!

その後、二人とも日本に帰ってきてから連絡を取り合うようになって、デザインの仕事をしている温子さんに、チラシをお願いするようになりました。

いつもいつも信じられないくらいのクオリティの高さでチラシデザインをして下さる温子さんは、私の演奏活動を陰で支えてくださる、なくてはならない存在です。

今日は、私たちの出会いから話し始めたら、色々思い出すこともあって、なんとも楽しいおしゃべり 対談、となりました!

なぜ卒業試験の前夜に出会ったのか?、そして、これまでお願いしてきたデザインのこと、温子さんのデザインに対する思いなどをお読みいただけるように、これから文字起こしをがんばりますので、しばしお待ちください・・。


温子さんがデザインしてくれた、「古楽器で楽しむバロック音楽inアミーゴ」シリーズのチラシは、こちらでご覧いただけます。 ↓

http://www.oncolle.com/?p=412


 

2022年1月15日土曜日

音のたねまき①

今朝、9時からFMラジオ川越の「音のたねまき」前編、放送していただきました~。

始まってから16分後位からゲストコーナーが始まり、そこに私が出てきます。

自分で聞くと、こんな声なんだっ!、ちぐはぐな受け答えっ!、
とか色々突っ込みどころ満載なのですが、
それもこれも楽しく良い経験をさせていただきました!

よろしければお聴きください。

https://www.youtube.com/watch?v=G7agwP13xrA&t=1914s 


後編は1月22日(土)9時からの放送です。

2022年1月14日金曜日

好きな曲を練習する

最近のレッスンで印象的だったこと。

70代の生徒さんで、トラヴェルソを始めて2年位の方ですが、それまでずっと、私が教則本の中からやりやすい音階や練習曲を選んで練習してもらっていました。

でも、ふと思い立って、その方が大好きで、吹けるようになりたいと言っていた、テレマンのファンタジアの10番 fis-moll に取り組んでいただくことにしました。

もちろんこの曲はかなり難易度が高いということをお互いに承知の上です。

この方は、若い頃から色々な音楽に親しんでいらして、音楽以外の芸術にも造詣があり、レッスンをしていても、何かパッと分かってくださるようなセンスをお持ちだと思ったので、大好きな曲に取り組むことで、何かすごく良い方向に向かうのではと思って、提案してみました。

結果、やはりすごく良かったようで、もちろんこの曲のむずかしさをひしひしと感じられたようですが、それだけになおさら、積極的に練習に取り組んでくださいました。

そして、何回かテレマンのレッスンをした後に、以前やっていた教則本に戻ったところ、前は少し苦戦していた曲も、見違えるようにいとも簡単に吹けるようになっていました!

普段レッスンをしていると、つい、ちゃんと段階を踏んで教えなくては、と思ってしまうのですが、それが必ずしも一番良いことなのではないのかもしれないと、思った次第です。


*****

ところで、明日、朝9時からの、FMラジオ川越(FM88.7MHz)「音のたねまき」という番組に、私が出演いたします。

1時間のクラシック音楽の番組で、多分始まってから15分後位(?)にゲストコーナーが始まるのではと思います。そこに私が登場します。全2回の、1回目です。

フラウト・トラヴェルソについて、古楽器で活動することになったいきさつ、現在の活動や
好きな曲紹介、思い出の料理のレシピまで!語っています。


12月に収録に行ってきたときの様子はこちら↓
https://michiyoarai.blogspot.com/2021/12/blog-post_8.html


このサイトでも聴けるようです。↓
https://www.jcbasimul.com/radio/1348/

放送後、YouTubeの、この番組のチャンネルにもアップされるようなので、またこちらでもお知らせいたします!












2022年1月13日木曜日

リベラ・クラシカのCD

今日、疲れて帰ってきたら、CDが届いていた。

2018年の10月に録音に参加した、オーケストラ・リベラ・クラシカのCDです。









ハイドンの″交響曲第103番「太鼓連打」”と″ミサ曲ハ長調「太鼓ミサ」”が入っているCDで、私が参加しているのは、交響曲第103番です。

忘れかけていた録音が突然目の前に現れて、すごくびっくり&嬉しかったです。
緊張感がありつつも、とても楽しかったプロジェクトの日々を思い出しました。

今日、少し聴いてみたら、モズちゃんがリズムに合わせて(?)おもちゃのインコの人形にくちばしを打ち付けて音を立て始めました・・。

これからまたゆっくり聴きたいと思います。







2022年1月12日水曜日

「楽」

最近知った「楽」という漢字の由来。

旧字では「樂」と書きますが、象形文字としては、上部真ん中の "白”を鈴、その傍らの二つの″幺”を糸飾りと見立てた、”柄のある手鈴の形”だったそうです。

舞楽の時にこれを振って神をたのしませたことから来ているそうです。

また、人が病気のときにシャーマンがこれを振って病魔を払ったので、病気を治すことを、今では「療」と書きますが、初めは、”やまいだれ”の中は、「尞」ではなく「樂」だったそうです。

やはり音楽は祈りのときに用いられて、また、病をも治す力があると信じられていたのですね。

昨年あたりから、演奏するということは究極には「祈り」なのではないかと思っていて、この「楽」の感じの由来を聞いて、ふむ~やっぱりそうか~、などと思ったのでした。

(象形文字の由来は、白川静「常用字解」による。)







2022年1月11日火曜日

Musique de la flûte traversière vol.1

3月21日 春分の日に、新所沢の松明堂音楽ホールにて、コンサートをします。

チェンバロの中川岳さんと共に、クヴァンツ、テレマン、J.S.バッハ、そしてJ.C.F.バッハの作品などを演奏します。


つい先日、チラシが出来上がりました。
いつも素敵なデザインをして下さる、友人の温子さんによるものです。




これから松明堂音楽ホールでも年に1回位、続けてコンサートをしていけたらと思っています。
この3月21日のコンサートについては、こちらでもまた書いていきたいと思います。
まだ少し先ですが、ぜひご予定いただければ幸いです。

*****

Musique de la flûte traversière フルートの音楽 vol.1

18世紀ドイツ フラウト・トラヴェルソとチェンバロの響き


【プログラム】
J.J.クヴァンツ (1697-1773):3声のソナタ ホ短調 QV2:21
G.P.テレマン (1681-1767):「6つのコンチェルトと6つの組曲」より 組曲第6番 ニ短調 TWV42:d3
J.S.バッハ(1685-1750):フルートとチェンバロのためのソナタ イ長調 BWV1032
J.C.F. バッハ(1732-1795):フルートとチェンバロのためのソナタ ニ短調  他
(プログラムは変更になる場合があります。)


【演奏】
新井道代(フラウト・トラヴェルソ) 
中川岳(チェンバロ) 

【チケット】
3000円(全席自由)


2022年3月21日(祝) 14時開演(13時半開場)
松明堂音楽ホール 
(西武新宿線新所沢駅東口下車、直進徒歩2分、通りの右側にある松本ビルの地下。)

【ご予約・お問合せ】
コンサート事務局   メール  baroque.office@gmail.com  電話 050-7132-0903

*****

【中川岳さんプロフィール】
10代のときバロック音楽と古楽器への強い関心から独学でチェンバロ、クラヴィコードを始め、2014年東京大学在学中に第27回国際古楽コンクール<山梨>で鍵盤楽器部門第1位(チェンバロ)を受賞。審査員のグレン・ウィルソンより賞賛を得て、2016年夏より10ヶ月間、ヴュルツブルク音楽大学(ドイツ)にて同教授にチェンバロを師事した。留学中に録音し、2017年にナクソスよりリリースされたソロCD「テレマン/6つの序曲集」は、『レコード芸術』準特選盤に選ばれた。2019年に東京大学教養学部を卒業。2018年9月より「J. S. バッハ/チェンバロ作品全曲演奏会」シリーズを行うほか、通奏低音奏者として活躍している。

2022年1月9日日曜日

モズちゃんはインコ

モズちゃんはインコ
インコなのに名前はモズ。

モズちゃんがうちに来たのは
パンデミックが始まるほんの少し前。

私はそのころ気持ちがささくれ立っていて
何かペットでも飼わないといられない心持ちだった。

うちは広くないので犬や猫は大変。
それで鳥に決まり。

行ったペットショップにいたセキセイインコは2羽。
同じケージにいて、青い方がとなりの黄色い方にちょっかいを出していた。

青い方、それがモズちゃん。


モズちゃんは気が強い。
気が強いけど甘えん坊。

またはツンデレともいう。
デレがないときもあるから、そんなときはツンツン。

モズちゃんの鳴き声は、色々種類がある。
元気な時 ピヨッ、怒っている時 ギャギャッ、私たちに来てほしい時 ヒーヒー。

でも音で書けない声の方が多い。

私の言ったことをまねしたのかなと思うようなイントネーションで鳴くこともあるし、
私が食器を洗うときには、食器や水の音に反応してつぶやきだす。

眠いときは目を閉じたまま口をもぐもぐさせて
ぶつぶつ寝言のようなことを言う。


モズちゃんが来てからしばらくして、緊急事態宣言が出て家にこもる日が続いた。
憂鬱ではあったけどモズちゃんがいたから、かなり救われた。

こういうタイミングでインコを飼い始めたというのも
何か神の思し召しのようなものなのかなと思った。


最近は私の外出も増えて
モズちゃんは気が気じゃない。

朝の放鳥が終わってケージにもどったらひとしきりご飯を食べて、
その後は、私に出かける気配がないか見張っている。

私が出かけないと分かると
つるしてある人参を細かく細かく引きちぎるようにしてかじり出す。

ロープでしばってつるしてある人参のかけらが
ロープの太さだけをきれいに残して、モズちゃんにかじられていく。













2022年1月8日土曜日

カラスとインコ

一 昨日、散歩から帰ってきて、自宅近くのごみ収集所に近づいたら、カラスが2羽、ごみを漁っていて、道路にごみが派手に散らばっていた。

 週替わりで回ってくる収集所掃除当番があって、うちは今週は当番ではないのだけど、目にあまる光景だったので、掃除して散らばった生ごみとかも新しい袋に入れてネットの下に入れた。

 カラスは2羽いて、しばらくこちらの様子を見ていたけど、あきらめたのか、その内いなくなった。

 うちには2年前から飼っているインコがいるのだけど、インコを飼い始めてからなんとなく外にいる鳥にも親近感が湧いてきて、以前は、ゴミを荒らすカラスなど、にっくきものとしか思えず、ほうきで退散させる(本当にはしていなかったかもしれないけど)位の勢いだったが、最近はカラスもうちのインコの仲間だ、位に思うようになって、昨日も、”はいはい、すみませんよ~、あまりにも道路が汚れてるとみんな大変だから掃除しますよ~。” という気持ちだった。

 でもこの寒い中、カラスだって食べ物を獲らないと大変なのだろうし、見方を変えれば、私がカラスの食事を邪魔して食べ物を片付けたということもできる。

 ”寒い寒い~”と言って入った家の中には、夫婦でこれ以上にないくらい大切にかわいがっているインコがいて、私は、”モズちゃ~ん、ただいま~”などと言って、彼女の大好物のおやつをすかさず与えているのである。

 外のカラスと、うちのインコ。同じ鳥なのに、この差は何!?







2022年1月6日木曜日

コロナも2年

 今日はすごく寒くて、雪もちらほら降り出してきました。

今日の朝日新聞に、私が好きな作家の一人である、角田光代さんのコロナ禍に対する寄稿が載っていました。

コロナ禍が丸2年続いている今、コロナ禍のストレスについて書かれていました。

すごく共感した所を要約すると、

「コロナ禍で一番のストレスになるのは、それぞれが、旅行ができないとか会食ができないとか、個々の事柄を残念に思うという事よりも、自分は外食を我慢しているのに、誰々は外食を楽しんでそれをSNSにもアップしたりしている。

自分が外食できないストレスよりも、それを見てしまうストレス、危機感に対する違いがストレスなのではないか。」

ということです。


 私自身は、最近はコロナをすごく気にしたり、あまり気にしなかったり、結構振れ幅が大きいのですが、もう少し前は、もちろんもっと気にしていたので、自分が出かけたことをSNSに書くのはやめておこうと思ったり、私よりもコロナ対策をちゃんとしている方を見て恐縮したりしていました。そういう心理的な揺れが大きなストレスだなぁと思います。

 家族間でもコロナに対する考えに差があって、夫はかなりコロナに気を付けて行動していますが、私はそうでもないときもあるので、それでぎくしゃくしたりすることもあります。

 それにしても、コロナが本当にこのように長引くとは、初めの頃は想像もしていませんでした。識者の方がテレビなどで、このようになることを予測のように語っていても、私にはいまいちピンと来ていませんでした。

コロナは一体、いつ収束して(そもそも収束というのが何を指すのか分かりませんが)、その後はどういう世界になるのでしょうか。


2022年1月4日火曜日

誕生日でした

 誕生日が来てもあまり嬉しくない年齢ではあるのですが、今年も無事に誕生日を迎えられました。

両親がサプライズでうちまで鉢植えを届けに来てくれて、一緒にお昼ご飯を食べに行きました。

毎年、お正月と誕生日が一緒くたで、子どもの頃から、クリスマス~誕生日までが怒濤のイベント週間のような感じです。
今日も、お正月にさんざんご馳走をいただいたので、そんなに豪勢な料理を作る気にもなれず、手巻き寿司でした。

録音が終わってからというもの、冬眠モードで、そろそろシャキッとしなければと思うのですが、まず朝起きるのが、布団の外が寒くてなかなか出られません、、(オイッ)

私が良く読んでいるブログの一つに、北鎌倉の円覚寺の”管長日記”があるのですが、
そこにこんな言葉が紹介されていて、今の私に必要なのはこれだ!と思った次第です。

「寝に就くときは棺を蓋うが如く 褥を離れることは履を脱するが如し」

夜、布団に入るときは棺桶に入って蓋をするつもりで寝ろ、一日一生、今日で自分の一生が終わるぐらいのつもりで休めということだそうです。また、朝起きて布団を離れるときは靴を脱ぐが如くにしろ、ためらわないで、さっさと布団から出なさい、という意味だそうです。

円覚寺管長日記、味わい深い文章が毎日綴られています。


子どもの頃に、今の私の年齢を思い浮かべたら、普通に”おばさん”だと思っていたような年齢ですが、なってみると、中身は10代、20代の頃とあまり変わってないような気がしてなりません。
でも少しは成長しているのかもしれないと思いつつ、また一つ無事に年を重ねられたことに感謝したいと思います。









2022年1月3日月曜日

2022年は

 昨日、”今年は生徒さん達との山の会を始めたい”と書いたのですが、他にも始めたいことがあります。

まず、松明堂音楽ホールでのコンサートシリーズ。
第1回はすでに準備も始めていて、3月21日です。
"Musique de la flûte traversière" という名前で、年に1回位のリサイタル・シリーズにしたいと思っています。
3月21日に行う第1回は、チェンバロの中川岳さんと、ドイツ・バロックの作品を取り上げます。
今、チラシを印刷中なので、出来たらこちらでもまたご案内いたします。

それから、生徒さんやご興味がある方達との座学の会のようなことを始めたいとも思っています。
バロック音楽の演奏習慣、演奏法などについて勉強していく会を2か月に1回位やっていけたらと思います。
練習だけではなく、音楽の背景を深く知ることで、より演奏を楽しめるのではと思います。
(もし普段私のレッスンに来ているわけではないけれど、この会にご興味がある方はぜひご連絡下さい!)

それから、音楽以外の勉強、それとフルート以外の楽器にも挑戦したいと思っています。
フルート以外の勉強は、一般大学のオンライン講座などに参加して、今まで興味のあったことを勉強してみたいと思います。
フルート以外の楽器は・・、実行に移したらまたここにも書くかもしれません・・。

色々書きましたが、それでも勿論、演奏とレッスンの質を上げることを一番の目標にして
精進したいと思います。

改めまして今年もよろしくお願い致します!

2022年1月2日日曜日

登り初め

今日は早速、高麗の日和田山に行ってきました。
子ども連れと犬連れの方でにぎわっていました!

昨日よりも暖かくて、二の鳥居という、山頂の少し手前の眺望抜群のスポットでは
お日様ぽかぽかで気持ちよかったです。






















そして、下山後、思い立って高麗神社まで初詣に行きました。
あまり調べないで歩き始めたら、意外と遠かった・・。

途中、こんな不思議な看板に出くわしました。










ふむふむ。。
ちなみに、巾着田というのは、日和田山の前にある、彼岸花で有名なところです。


神社は長蛇の列でしたが、無事にお参り出来ました。

今年、やりたいことの一つは、生徒さん達との山の会を始めることです。
年に2回くらい、皆さんをお誘いして山に行く、というのをやりたいと思っています!


2022年1月1日土曜日

あけましておめでとうございます

風は冷たくても素晴らしいお天気の元旦でした。

自分らしくいることを恐れずに、やりたいことにはどんどん挑戦していく1年にしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。


年賀状を出しに行ったついでに、夫と近所をぐるりと散歩して、途中でお茶をしてきました。