2022年8月11日木曜日

秋の演奏会のご案内

毎日暑い日が続きますね!

引き続き演奏会のご案内ですが・・、
10月と11月に下記の演奏会があります。

ぜひお越しいただければ幸いです!

*****

10月13日(木)昼公演14時、夜公演19時
ディドンの死
~フランス・バロックのカンタータと器楽曲~

18世紀フランスの世俗カンタータの歌詞の多くはギリシア神話や古典の叙事詩などを題材としたものでした。中でもギリシアの著名な詩人ヴェルギリウスによって書かれた「アエネイス」の登場人物、カルタゴの女王ディドーネ(フランス風のはディドンと呼ぶ)とアエネイス(エネー)の悲恋の物語は当時から多くの人々の心を打つものであったことでしょう。今回の演奏会ではフランス・バロック時代に活躍した作曲家、ミシェル・ピニョレ・ド・モンテクレール(1677~1737)の作品「ディドンの死 La mort de Didon」そして同時代のすぐれたカンタータ作曲家 ルイ=二コラ・クレランボー(1676~1749)の最高傑作 カンタータ「オルフェ L'Orfe」を、フランソワ・クープラン(1668~1733)によるコンセールと共にお送りいたします。



【プログラム】
M.P.deモンテクレール:カンタータ「ディドンの死」
F.クープラン:「コンセール集」より
N.クレランボー:カンタータ「オルフェ」 他

【出演】
夏山美加恵(歌)
新井道代(フラウト・トラヴェルソ)
佐藤駿太(バロック・ヴァイオリン)
西谷尚己(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
村上暁美(チェンバロ)

【会場】日暮里サニーホール コンサートサロン
【入場料】4500円 ペア券8000円(全席自由)
【チケットお取り扱い、お問合せ】メール didoncantata@gmail.com
 https://tiget.net/events/183139

*****

♪ 11月23日(水・勤労感謝の日)14時

古楽器で楽しむバロック音楽inアミーゴ
vol.12 バロックダンスと音楽の饗宴

2010年から続けているコンサートシリーズです。
今回は、バロック・ダンスの方をお招きして、音楽とダンスの華やかな饗宴をお届けいたします!


【プログラム】
J.S.バッハ:メヌエット ト長調
J.S.バッハ:「管弦楽組曲第2番」より ブーレ
J.B.リュリ:「町人貴族」より サラバンド
F.クープラン:王宮のコンセール 第1番
M.マレ:フォリア
F.クープラン:「諸国の人々」より ピエモンテ人 他

【出演】
案内人:新井道代(フラウト・トラヴェルソ)
ゲスト:岩佐樹里(バロック・ダンス)、門倉佑希子(バロック・ヴァイオリン)、小池香織(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、伊藤一人(チェンバロ)

【入場料】3000円 (高校生以下1000円)
*未就学児の入場はお断りいたします。

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ ホール
(西武池袋線「仏子駅」北口徒歩5分)

【チケットお取り扱い・お問合せ】
コンサート事務局 メール baroque.office@gmail.com  電話 050-7132-0903

2022年8月2日火曜日

コルテ・デル・トラヴェルソ vol.16

演奏会のお知らせです。

9月17日(土)、コルテ・デル・トラヴェルソ vol.16として、私の企画の回、「ロンドンの外国人作曲家たち」を行います。

ヘンデルを始め、フェッシュ、バルサンティ、サンマルティーニなどの作品を取り上げます。

当時のロンドンでは、多くの外国人音楽家が活躍し、オペラや公開演奏会、そして出版などが盛んに行われていました。

ロンドンの18世紀前半の音楽界についてのお話も交えながら、進めていきたいと思います。

ぜひご来場いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします!

****

9月17日(土)昼公演 14時開演(13時半開場) 夜公演 18時開演(17時半開場)


コルテ・デル・トラヴェルソ vol.16
~ロンドンの外国人作曲家たち~

【プログラム】
G.F.ヘンデル:フルートと通奏低音のためのソナタ ロ短調 HWV367b
G. F. ヘンデル:トリオ・ソナタ ロ短調 HWV386b
F. バルサンティ:ソナタ ニ短調 op.1-1 (リコーダーと通奏低音のためのソナタ)
W. de フェッシュ:トリオ・ソナタ ホ短調 op.7-8   他
(チラシでお知らせしていた曲目と一部変更があります)

【出演者】
フラウト・トラヴェルソ 新井道代
バロック・ヴァイオリン 堀内由紀
チェンバロ 村上暁美

【会場】Space415 (中野区新井2‐48‐12)
【入場料】3500円(会員3000円)
【ご予約、お問合せ】メール cortedeltraverso@gmail.com

*****




2022年7月24日日曜日

三ツ木摩理さん

今日は、一番近くに住んでいる、音楽の友達、ヴァイオリンの三ツ木摩理さんと、旦那様であるピアノの山田剛史さんのコンサートに行ってきました。


三ツ木さんと知り合ったのは数年前、とある、オーケストラでの演奏仕事の時でした。

うちから最寄り駅に行くときに通りかかる、一軒の家。
たまにヴァイオリンを背負った子どもが出入りするのを見ていたので、きっとあのおうちは、ヴァイオリンの先生のおうちなんだな、と思っていました。
そこが、なんと三ツ木さんのおうちでした。

年も同じ、育った地域も同じ、共通の友人もたくさん。
まるで数十年来の友人かのように濃いお付き合いをさせていただいています。

いつも素晴らしい演奏をしている三ツ木さんですが、今日は特にすごかった。
特にプーランクのソナタは圧巻でした。
激しい曲なのですが、何回も泣きそうになりました。

音楽との向き合い方について、いつも色々と話をしていますが、まさに良い年輪を重ねているなぁという感じで、すごく刺激になりました。

こういう友達がすぐ近くにいるって、すごく幸せなことだなぁと思います。
知り合った経緯とかを思い出しても、なんとなく神の采配みたいなのを感じたりします。


2022年7月22日金曜日

バッハ ソナタ E-dur

先日、モダン・フルートを勉強している方が、モダン・フルートのコンクールの課題曲のJ.S. バッハのE-durソナタのレッスンに来てくださいました。


この曲、第1楽章はまず、前打音の長さ、どうするの?? というのが永遠の(?)課題です。
大学院の時に、この第1楽章にたくさん出てくる前打音の長さをそれぞれどうすればいいのか、考えて、ゼミで発表したことがありました。
その時のレジュメが残っていて、今になってとても役に立っています(笑)


その生徒さんは、すでにとても素敵に吹いていましたが、通奏低音の数字を読み解いて和声の確認や、前打音の長さを決めるのにどういう選択肢があるか、 フレーズの作り方など、細かく見ていきました。

色々と新たな発見があったようで、何よりでした!

自分が勉強してきたことが人のお役に立てるのは、とても嬉しいことです。






モズちゃんも、ipadで字を勉強中?











*****
レッスンのご案内

埼玉県所沢市とアイゼナハ音楽院(御茶ノ水/神保町)にて、フルートとフラウト・トラヴェルソを教えています。生徒さん随時募集中です。

体験レッスンもしていますので、お気軽にお問合せ下さい。


♫所沢教室♫

西武池袋線「西所沢」駅より徒歩12分、西武新宿線「新所沢」駅より徒歩20分。
現在は、不定期レッスンのみで行っています。
レッスン日時はご相談に応じます。

レッスン料:
【モダンフルート】40分レッスン 1回3000円、 60分レッスン 1回4000円
【フラウト・トラヴェルソ】60分レッスン 1回5000円

体験レッスン:2000円

詳しくはこちらのページをご覧ください。http://michiyoarai.sakura.ne.jp/lesson.htm

♪アイゼナハ音楽院♪

御茶ノ水駅と神保町駅、両方から歩けるアクセスの良い音楽教室です。
こちらでも、フルート、フラウト・トラヴェルソの両方を教えています。
詳細はこちらのサイトをご覧ください。https://eisenach.jp/






2022年7月19日火曜日

アイゼナハ音楽院発表会

16日(土)に、ティアラこうとうにて、アイゼナハ音楽院の発表会がありました。

私のクラスからはお二人参加して、それぞれ日頃の研鑽の成果を出されていました。

アイゼナハ音楽院は、もともとギターショップから始まったこともあってか、ギターの生徒さんが多いのですが、他にもピアノ、チェロ、歌などなど、色々なコースがあって、発表会も色々な楽器を聴くことができて、楽しいです。

今回は私は講師演奏はしなかったのですが、その分、他の先生のすばらしい講師演奏もゆったり聴くことができて、満足でした!




参加した生徒さんと。




2022年7月14日木曜日

カッサータ

 昨日、レストランで、カッサータというシチリア島のおやつを初めて食べました。

すごく好きな感じのデザートだったので、その場でスマホでレシピを調べて、スーパーへGo!

家に帰って早速作ってみました。






これはレストランで食べたもの。






こちらは自分で作ったもの。






見た目が違い過ぎる・・。
味も違いましたが(多分お店のはリコッタチーズを使っていましたが、レシピはクリームチーズを使うものでした)、これはこれで美味しかったので、良し。

今日は朝、昼、おやつ、と3回も食べました・・。


2022年7月8日金曜日

北八ヶ岳

7月3日、4日に、生徒さん達と北八ヶ岳に行ってきました。

お天気はあいにくで、雨が降ったりやんだりでしたが、八ヶ岳に詳しい生徒さんが雨でも楽しめるコースに連れて行って下さり、涼しくて静かな高原を満喫してきました。



1日目は、八ヶ岳高原音楽堂でチェンバロコンサートを聴きました。
なんと演奏していたのが、数年前に、私の生徒さん達の発表会で伴奏を弾きに来てくれた方でした!(当日まで演奏者が発表されない演奏会なので、プログラムを見てびっくりしました!)

その後、平沢峠の”しし岩”という、溶岩で出来た岩がごつごつしている所を見に行きました。
ごつごつしていて、荒野のようなのですが、季節の花がたくさん咲いていて、きれいでした。


ニッコウキスゲ。


 

しし岩。






その日の夜は、野辺山に別荘をお持ちの生徒さん宅にみんなでお邪魔して、パーティー(?)。


おつまみを用意して待っていて下さり、感激でした。






次の日は、白駒の池へ!




雨模様の天気のため、池の景色はどんよりしていますが・・、






池周辺の、苔におおわれた美しい森を堪能できました。














皆さんのおかげで楽しい時を過ごすことが出来ました。
また来年も企画できたら良いなぁ。